資産運用という選択肢

貯金箱

超高齢化社会を迎えようとしている昨今、私たちの人生設計には様々な不安要因が取り巻いています。年金の支給額は減額傾向にあり、このままでは生活費を賄えなくなります。特に年金額が現在より大幅に少なくなる若年層にとって、資産運用というもが必須事項となります。その資産運用の選択肢として候補に挙がるのが、投資用マンションだと言えます。投資用マンションは毎月の安定収入が得られるので、年金が減額されても問題ありません。現在は少額資金から始められる物件もあり、少ない負担で投資用マンションを購入できます。何よりも、マンション価格が上がれば、売却益を得られるのが魅力です。加えて、所得税や住民税の節税効果も期待できます。さらに、相続税の対策にもなります。但し、投機的なマンションの売買を抑制するため、所得期間によって譲渡所得税が異なります。

長期的に安定した収入が見込める

マンション

投資用マンションの大きな魅力は、長期的に安定収入が見込めることです。購入したマンションは専門の管理会社に管理を委託できるので、サラリーマンなど仕事を持つ人でも始めることが可能です。投資用マンションはレバレッジ効果が高く、少ない資金でも大きく増やせる可能性があります。投資物件の評価によっては、殆ど自己資金をかけずに購入できるものもあります。マンション投資の収益はインカムゲインと呼ばれる、家賃収入がメインです。それに加えて、地価の上昇が予想されるエリアでは、不動産売却のよるキャピタルゲインも期待できます。但し、中には転売手数料を目的とした、マンション売却を持ち掛ける業者もいます。そうした悪質業者を防ぐためにも、信頼できるマンション取引業者に依頼することが大事です。

割安で需要の高い物件選び

硬貨と貯金箱

投資用マンションを選ぶ際には、割安で空室になりにくい物件を探すのがポイントです。割安な物件かどうかは、マンションの収益価格を算出することが判断できます。収益価格とは対象となるマンションが、将来生み出すと予想される純利益のことです。物件が割安かどうか判断する方法には、収益価格の算出に加えて、相場価格との比較が挙げられます。実際の取引相場に関しては、国土交通省のホームページで確認できます。そして、空室になりにくいマンションとは、賃貸としての需要が高い物件となります。賃貸として需要が高い物件は、交通などの利便性が良いことです。通常、最寄り駅から近いほど需要は高くなります。スーパーやコンビニなどが近いことも大事な要素です。建物自体に関しては、管理やメンテナンスが行き届いていることが、需要が高くなる要因のひとつです。部屋の設備に関しても、時流に沿った最低限の室内装備であることが大事です。

広告募集中